PC・IT機器の「困った!」は、「biz-us クラウド」にお任せください!サービス詳細はこちら

パソコン

パソコンの動作が重いときの解消方法は?重くなる原因についても解説

temporary filesの画像

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは。「biz-us クラウド」編集部です。

パソコンが遅いとストレスを感じますよね。以下のような問題に直面したことはありませんか?

  • パソコンの動作が重く、再起動しても改善されない
  • タスクマネージャーを起動しても何が原因なのか分からない
  • 「キャッシュの削除推奨」を試してみたけど解決しない
  • 長時間パソコンを使用していると、急に動作が重くなってしまった
  • 画像や動画は少ないのに、なぜか容量がいっぱいになっている

1つでも当てはまる方は、パソコンの「Tempフォルダー」内に不要なファイルが溜まっている可能性が高く、これらを削除することで解消する場合があります。

それでは早速、Tempファイルの削除方法をご紹介します。

≫Windows11アップグレード時のトラブル解決ガイドをダウンロードする

オフィスのPC・IT機器のトラブルに時間を割きたくない方へ!月額プラン2000円~、スポットプラン1回5000円


Tempファイルとは?

Tempファイルとは?

Tempファイルとは、「一時の、臨時の」という意味の英語「temporary」に由来し、Windowsやアプリケーション使用時に一時的に作成される作業ファイルのことです。

アプリケーション実行中に一時的に使用するファイルは、Tempフォルダ(一時フォルダ)に保存され、作業が終わると自動的に削除されるようになっています。しかし、何らかの理由で削除されずにパソコンのハードディスク内に蓄積される場合があります。

蓄積されたTempファイルが、ハードディスクの空き容量を圧迫して動作が重くなるケースが多いよ!

以下では、Tempファイルのクリーンアップによって、パソコンの動作を軽くする方法を詳しくご紹介します。

Tempファイルを削除する方法とは?

以下の手順に従うことで、Tempファイルの削除が可能です。

Windows10の画面で説明しますが、Windows11でも画面の見た目が若干異なるだけで、Tempファイルの場所や削除の流れは同様です。

①WindowsマークとRキーを同時押す

WindowsキーとRキーを同時に押すと、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが開きます。

①WindowsマークとRキーを同時押す

②ウィンドウに「%temp%」と入力し、[OK]をクリック

表示されたウィンドウに「%temp%」と入力し、[OK]をクリックします。

②ウィンドウに「%temp%」と入力し、[OK]をクリック

ファイルを削除する

するとTempフォルダーが開き、不要なファイルが一覧表示されるためファイルを削除します。

アプリケーション実行中などの場合、Tempフォルダ内の一部ファイルの削除が行えないことがあります。削除できない旨が表示された場合は、[スキップ] をクリックします。

③ファイルを削除する

ちなみに、この手順により、筆者の環境では「20920項目」の不要なファイルが削除され、合計14GBもストレージスペースを節約できました。

筆者の環境では「20920項目」の不要なファイルが削除され、合計14GBもストレージスペースを節約できました。

不要なファイルを削除したら、動作がとても軽くなったよ!
でも、定期的にTempフォルダーを確認するのは面倒だよね!そんなときは、次に紹介する自動削除機能を活用してみてね!

Tempファイルを自動的に削除する設定方法

一時ファイルやゴミ箱などにあるファイルを自動で削除する「ストレージセンサー」という機能があります。

ストレージセンサー機能を有効にすると、指定した期間が過ぎた不要なファイルが自動的に削除され、ストレージの空き容量を維持し、パソコンの動作をスムーズに保つことができます。

「ストレージセンサー」の設定方法は以下の通りです。

①[スタートメニュー]から[設定]をクリック

[スタートメニュー(Windowsマーク)]をクリックし、[設定]を選択します。

①[スタートメニュー]から[設定]をクリック

②[システム]をクリック

表示された画面で[システム]をクリックします。

②[システム]をクリック

③[ストレージ]をクリック

左のサイドバーから[ストレージ]を探し、クリックします。

③[ストレージ]をクリック

④「ストレージセンサー」を[オン]にする

表示された画面で「ストレージセンサー」の項目を見つけ、[オン]に切り替えます。

④「ストレージセンサー」を[オン]にする

⑤[ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する]をクリック

画面の[ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する]をクリックします。
※Windows 11の場合は、「ストレージセンサー」の項目の[>]ボタンをクリックします。

詳細画面が開くため、期間が過ぎたファイルを削除するを任意の期間に設定をします。
期間は、「許可しない」「1日」「14日間」「30日」「60日」から選択できます。

⑤[ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する]をクリック

僕は「30日」に設定してるよ!

Tempファイルは全削除しても大丈夫?

Tempファイルは全削除しても大丈夫?

Tempフォルダ内の一時ファイルは、基本的に削除しても問題ありません。

Tempフォルダ内のファイルは、一時的なデータやプログラムの実行に必要ないものが多いです。これらのファイルを削除しても、通常はシステムに影響を与えません。

パソコンの使用頻度にもよりますが、何年も放置していると気づいたら10GB以上の不要なファイルが溜まってしまうこともあります。定期的に削除するよう心掛けましょう。

まとめ

temporary filesの画像

いかがでしたか?

古いパソコンの場合は性能が低いために動作が遅くなることもありますが、新しいパソコンなのに重い場合はパソコン内に「Tempファイル」のような不要なファイルが溜まってしまい動作が遅くなっていることも考えられます。

以下は、ポイントを簡潔にまとめたものです。

  • パフォーマンスの低下
    Tempファイルなどの不要なファイルが原因で動作が遅くなることがあります。
  • Tempファイルの削除
    Tempファイルは一時的なファイルであり、定期的に削除することでパソコンのパフォーマンスを向上させることができます。
  • 自動削除の活用
    ストレージセンサー機能を設定することで、これらのファイルを自動的に削除し、メンテナンスの手間を省くことができます。

記事の内容を活用して、パソコンのパフォーマンスを維持し、効率的な使用を目指しましょう。

パソコンの動作が重くてお困りの方は「biz-us クラウド」は出張サポートも可!

オフィスのPC・IT機器のトラブルに時間を割きたくない方へ!月額プラン2000円~、スポットプラン1回5000円


上記をお試ししても解決しない場合、当社サービス「biz-us クラウド」だと法人に特化したパソコンサポートサービスにお任せください!

「biz-us クラウド」の特徴

サービスPC・IT機器のトラブル対応
サポート内容電話、リモート、訪問・出張
費用初期費用無料・月額2,000円~
月額費用無しのスポット対応 一律5,000円/1回
対応地域全国(訪問・出張の場合は一部離島など要相談)

お問い合わせ

下記フォームからお問い合わせ下さい。通常2~3営業日以内にご連絡させていただきます。

    お問い合わせ種別必須
    会社名必須
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号(ハイフンなし)必須
    お問い合わせ内容

    個人情報の取扱いについて

    「個人情報保護方針」について同意のうえ、チェックボックスに記入してください。

    お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください

    【受付時間】平日10:00~18:00

    この記事を書いた人
    biz-usのWEBサイトを開いたパソコンのイメージ

    biz-us クラウドサポート担当

    株式会社MJE、biz-us クラウドサポート担当です!
    日々、お客様からのお問い合わせ対応や機器設置、複合機のメンテナンス、リモート操作でのPCサポート対応など、オフィス機器のプロとしてあらゆるご要望に幅広く対応しています。

    関連記事

    一覧に戻る