お知らせ

2022/12/22

12月パッチでWindows 10端末がブルースクリーンに、Microsoftが修復方法を案内

 米Microsoftは12月17日、当月のWindows 10向けセキュリティ更新プログラム「KB5021233」に新たな問題が発見されました。一部のデバイスで「0xc000021a」というブルースクリーン(BSoD)エラーが発生することがあります。

 この症状が発生する可能性のあるプラットフォームは、以下の通りです。Windows 11やサーバーOSには影響しないと言われてます。

  • Windows 10 バージョン 22H2
  • Windows 10 バージョン 21H2
  • Windows 10 バージョン 21H1
  • Windows 10 バージョン 20H2

 この問題は「C:¥windows¥system32」と「C:¥windows¥system32¥drivers」にある「hidparse.sys」のファイルバージョンが一致せず、クリーンアップ時に署名検証に失敗するのが原因となります。(Windowsが「C:¥windows」にインストールされていると仮定)。

 問題を解決するには、Windows回復環境(WinRE)を利用する必要があります。

  1. 「設定」アプリの[更新とセキュリティ]-[回復]-[PC の起動をカスタマイズする]セクションにある[今すぐ再起動]ボタンを押し、「WinRE」環境へ移る
    「設定」アプリの[更新とセキュリティ]-[回復]セクション
  2. [トラブルシューティング]-[詳細オプション]画面へ進む
    [トラブルシューティング]を選択[詳細オプション]を選択
  3. [コマンド プロンプト]ボタンを押す。必要に応じてデバイスが再起動するのを待ったり、パスワードでデバイスにサインインしなければならない場合があります
    [コマンド プロンプト]ボタンを押す
  4. 「コマンド プロンプト」が起動したら、以下のコマンドを実行する(Windowsが「C:¥windows」にインストールされているごく一般的な場合。それ以外は自分の環境に合わせてカスタマイズする必要がある)
  5. コマンドが環境したら「exit」と入力して「コマンド プロンプト」を終了。[続行]ボタンで「WinRE」環境を終了する。作業はこれで完了で、Windowsが正常に起動します。