PC・IT機器の「困った!」は、「biz-us クラウド」にお任せください!サービス詳細はこちら

ネットワーク

通信確認の方法は?ipconfigとpingコマンドの使い方を解説

通信確認の方法は?ipconfigとpingコマンドの使い方を解説

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは、「biz-usクラウド」サポート担当です。

今回の記事では「簡単にできる通信確認方法であるipconfigとpingコマンドの使い方」についてご紹介をさせていただきます。

突然ですが読者の方で「時々インターネットに繋がらなくなったり、プリントアウトができなくなる」といった現象が起きたことはないでしょうか?

そんなときに今回ご紹介をする「ipconfig」と「ping」というコマンドを使うと、簡単にネットワーク状況を確認できて原因の推測に役立ちます。

ipconfig?ping?コマンドといえばなんだか難しそう・・・。

大丈夫!初心者でも分かるように解説をしていくよ!

それでは上記2つのコマンドを使ったネットワーク状況の確認方法をWindows10を例に解説させていただきます!

オフィスのPC・IT機器のトラブルに時間を割きたくない方へ!月額プラン2000円~、スポットプラン1回5000円


「ipconfig」コマンドとは

「ipconfig」コマンドとは

そもそも「ipconfig」ってなに?という方向けに簡単にご説明をさせていただきますね。

実際にコマンドプロンプトを立ち上げて「ipconfig/all」と打ち込んでみました。

実際にコマンドプロンプトを立ち上げて「ipconfig/all」と打ち込んだイメージ

「ipconfig」コマンドは、Windowsにおけるコマンド(命令文)の1つで、主にIPネットワークの設定情報を表示するためのコマンドです。

このコマンドを使うと、自分のパソコンのIPアドレスやサブネットマスク、デフォルトゲートウェイなどのネットワーク情報を確認したり、更新したりすることができます。

例えば今回のように「ipconfig /all」と入力すると、すべてのネットワークインターフェースの詳細な情報が表示されたり「ipconfig /renew」と入力すると、DHCPサーバーから新しいIPアドレスを取得できたりします。

「ipconfig /flushdns」と入力すると、DNSキャッシュをクリアできたりと「ipconfig」コマンドは、ネットワークのトラブルシューティングや設定に役立つ便利なコマンドです。

「ping」コマンドとは

コマンドプロンプトイメージ

pingコマンドも同じくWindowsにおけるコマンドの1つで、相手先の機器が稼働しているかどうか、そこまでの通信経路が正しく設定されているかどうかを調べることができます。

コンピューターから別のコンピューターに「ping」というメッセージを送り、返信があれば接続できていると判断します。

返信にかかった時間やパケットの損失率なども表示されます。「ping」コマンドは、ネットワークのトラブルシューティングやパフォーマンスの測定に役立ちます。

通信確認をするために調べるべきポイント

通信確認では、下記の2つを調べることがポイントです。

  1. 使用しているネットワーク環境を知る
  2. 通信が取れているか知る

それでは、これらの情報を把握するために、まずはコマンド プロンプトを開いてみましょう!

コマンドプロンプトとは簡単に言うと、エンジニアなどがよく触っている多くの方が一瞬「ウッ」となる「黒い画面」ですが、慣れたら簡単ですのでご安心ください。笑

それでは下記をご覧ください!

コマンド プロンプトの開き方

①Windowsマークの右側の検索窓に「コマンド プロンプト」と入力

②「コマンド プロンプト」をクリック

コマンド プロンプトの開き方①

すると、この黒い画面が出てきます。これがコマンドプロンプトです。

コマンド プロンプトの開き方②

それでは次に、2つのコマンドを使ってネットワークの状況を確認していきましょう。

コマンドを使った通信確認の方法

コマンドを使った通信確認の方法

1.使用しているネットワーク環境を知る【「ipconfig」コマンド】

ネットワーク環境を把握するために、一番下の行の「C:\Users\xxxxxxxxx>(x部分はPCごとに異なります)」の横に続けてipconfig /allと入力し、[Enter]キーを押します。

allを付けるとネットワーク設定情報の詳細が表示されます。

C:\Users\xxxxxxxxx>ipconfig /all

すると、今使用されているPCのIPアドレス等が表示されます。

2.通信が取れているか知る【「ping」コマンド】

通信が取れているか分からない機器(複合機やサーバー等)のIPアドレスを把握して、その機械と通信が取れているかの確認を行います。

ping␣192.168.〇.〇192.168.〇.〇は機器のIPアドレスです)と入力し、[Enter]キーを押します。「ping」という文字とIPアドレスの間に必ずスペースを挿入します。

C:\Users\xxxxxxxxx>ping 192.168.〇.〇

そこで、通信が取れていなかったりすると、LANの問題やハブの問題等がわかるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回では「ipconfigとpingコマンドの使い方」について初心者向けにご紹介させていただきました。

これらのように弊社サービス「biz-usクラウド」では、パソコンのお困りごとやちょっとしたお役立ちTipsなど日々更新をしていますので他の記事も是非ご覧ください(^^)

お困りごとがあればサポートスタッフがお電話やリモート操作で対応しますのでまずはご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。

「biz-usクラウド」の特徴

サービスPC・IT機器のトラブル対応
サポート内容電話、リモート、訪問・出張
費用初期費用無料・月額2,000円~
月額費用無しのスポット対応 一律5,000円/1回
対応地域全国(訪問・出張の場合は一部離島など要相談)

3分で分かる「biz-usクラウド」

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください※法人・事業者さま向け

【受付時間】平日10:00~18:00

お問い合わせ

下記フォームからお問い合わせ下さい。通常2~3営業日以内にご連絡させていただきます。
※法人・事業者さま向けとなります。

    お問い合わせ種別
    お名前必須
    会社名・屋号必須
    メールアドレス必須
    電話番号(ハイフンなし)必須
    お問い合わせ内容

    この記事を書いた人
    biz-usのWEBサイトを開いたパソコンのイメージ

    biz-usクラウドサポート担当

    株式会社MJE、biz-usクラウドサポート担当です!
    日々、お客様からのお問い合わせ対応や機器設置、複合機のメンテナンス、リモート操作でのPCサポート対応など、オフィス機器のプロとしてあらゆるご要望に幅広く対応しています。

    関連記事

    一覧に戻る